MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

クマゼミ羽化

7月5日今年最初の羽化でした。


f:id:nami_eda:20190707221339j:image

幼虫が誤ってプラ舟に落ちないようにネットを張りました。

昨年から始めて、効果があったので(^^)

少しでもたくさん無事に羽化して欲しいものです。


f:id:nami_eda:20190707221403j:image

クマゼミが出てくる場所はオレンジの斜線部分の地面です。アスファルト(道路)とコンクリート(駐車スペース)に囲まれた中に残した一坪足らずの貴重な地面がセミの幼虫の地下への入口であり地上への出口です。


f:id:nami_eda:20190715183739j:image

この貴重な地面とセミの餌である樹液を供給するマユミの木が数年後には無くなってしまいます。ピンクの線で囲んだ部分が買収されてアスファルトで塗り固められてしまう予定です。そうなると蝉の幼虫は大きいのも小さいのも全滅です。大きな声では言えませんが「延びろ~延びろ~」と工事延期を密かに祈っております(^^;。

お人形

雨続きで庭仕事はおやすみ、さらに足底筋膜炎で家事もお休み、針仕事でもするかなあ・・というわけで、裸のお人形さんに服を縫いました(笑)。



f:id:nami_eda:20190703082642j:image

元々ボロボロのパレオのような服を着ていたのでどちらも女の子ですが、男の子と女の子の服を縫いました(^^) 帽子は家にあった軍手の指先を切ったものです。色がイマイチですね。ワークマンでもっといい色の軍手がないか探してみようと思います。


f:id:nami_eda:20190703082737j:image

以前入手した瀬戸ノベルティの手活人形(左2体)によく似ていますがたぶんこちら(右2体)の方が新しく、大量生産されたものだと思います。いろいろな点で雑です(^^; 並べて記念撮影。


f:id:nami_eda:20190703082821j:image

こうして見ると、100年近く前の左の手活人形がいかに大事に保管されてきたかよくわかります。服に虫食いひとつなくさほど色褪せもなく、きっと箱に大事に仕舞われていたものと思われます。私も前の持ち主にならい左の2体は普段は箱に入れて保管しています。それ以外の人形は全部飾っています。じわじわ増える人形を家族がどう思っているか・・(笑)小さいから気がついてないかも?人形の服作りは残すところ大きいのが2体、極小2体となりました。

 

 

nippon 製

 

またお人形です(^^; 身長12㎝オールビスクのnippon 製です。Japan製より少し古くなります。色々まとめてこれも相場よりうんとお安く手に入りました(^^) かなり汚れていましたが、綺麗に拭いてやると可愛いお顔が。洗浄後、よく見ると、腕が動くタイプですが、極端に腕が短いことに気がつきました。よく見るとゴム(木綿の紐)引きが強くて両肩が体の中に入ってしまい、肘が肩のようになっているんです。そこで左手を持ち左腕をギリギリまで体の中に入れて、右腕を外に引き出して紐を切断しました。右腕は外れましたが、気がついたら左手を放してしまっていて左腕が体の中でカラカラカラカラ(^^; これはマズイ。どうやって出そう?入ったものは必ず出るはず、四苦八苦してようやく腕を引き出して、両腕をゴムで繋いで両肩が見える程度に引きを調節。それからドレスを作ってやりました。とても可愛くなりましたでしょ?


f:id:nami_eda:20190630182602j:image

f:id:nami_eda:20190630114135j:image