MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

プラ舟の移動

プラ舟を移動しました。今年度中に更地にしないといけないと言うことで、冬の間の作業は腰を痛めるので暖かい今のうちにやってしまおうかと。結構頑張りました。もちろん一人で(笑) ここ数日涼しかったですからね。作業が進みました。


f:id:nami_eda:20200918133422j:image

プラ舟をのけるとなんとセミの幼虫がいました。来年の夏に羽化する予定のセミです。ビックリさせてしまった。すぐに土をかけてやりましたが・・いきなり太陽の光を浴びてしまったので死んじゃったかもしれない。本当に申し訳ない。


f:id:nami_eda:20200918133442j:image

 

プラ舟2つを移動したあとは植木鉢やプランターの移動、それから草花を引いて、木を切って、境界ブロックを移動。

こんな感じになりました。


f:id:nami_eda:20200918133645j:image

来週は残っている赤丸部分の作業。アジサイコデマリを伐採し、花壇のブロックを崩して、フジマカマをプランターに移植する予定です。マユミの木の伐採と塀の撤去は業者さんにお願いします。

 

実際に道路ができるのは何年も先なんですけどねぇ(^^;

 

 

 

 

ふるさとの訛りなつかし停車場の

『旅する手ぬぐい展』が、駅構内の市民ギャラリーで開かれていたのでちょっと立ち寄ってみました。日本各地の名物や方言がデザインされた手ぬぐいが100枚以上展示されていて旅気分が味わえます(^^)


f:id:nami_eda:20200901075601j:image

こんな手ぬぐいもありました。淡路島の方言手ぬぐい(笑)


f:id:nami_eda:20200901075657j:image

翻訳しますと、

べっちゃない→だいじょーぶ(^^)

わせても(わっせても)→忘れても、だいじょーぶ(以下略)

はしかても→痒くても

まんでわやでも→全く(とても)むちゃくちゃでも

めんどても→不美人でも

いやちゃりやっても→?

めげても→壊れても

およげらんでも→およげなくても?

べんこたれても→?

しんじれらんでも→信じられなくても?

ちみきられても→つねられても

おんじゃんいちびっても→お爺さんがふざけてはしゃいでも

へんだらだすても→(服装などが)だらしなくても、(味や献立が)何か物足りなくても

みちじゅるても→道がぬかるんでいても

おちゃまけても→お茶がこぼれても(器に残らないほど派手にこぼす状態)

おじみそやっても→怖がりでも

みたいな感じです。淡路島は広いので私もわからない方言がありました。「べっちゃない」は父がよく使っていました。父にべっちゃないって言われると凄く元気になれました。「べっちゃない」は魔法の言葉ですね(^^) この手ぬぐい、同じの欲しいなあ。淡路島のお土産かな?

ちなみにこちらは我が家の手ぬぐい。うちの手ぬぐいコレクターからのお裾分けです。


f:id:nami_eda:20200901080128j:image

 

 

ミズオオバコ

ミズオオバコが咲き始めました。


f:id:nami_eda:20200824082116j:image

このプラ舟はこの場所での最後の夏になります。庭の一部を手放す時期が迫ってきました。初冬にプラ舟2つ、睡蓮鉢2つ、プランター3つ、植木鉢2つ、コデマリアジサイムクゲ、フジバカマ、ノジギクツワブキなどを移動、移植、鉢上げする予定です。大木となったマユミは伐採です。

ステイホームで

ステイホームでメダカや金魚がよく売れているそうです。私も久しぶりに金魚を飼いたくて、メダカ鉢を掃除しました。赤い金魚が目立つように白い底石も入れてみました。でもこうすると金魚が目立つので鳥とかに襲われないか心配で、結局、金魚導入に至らず(^^; 


f:id:nami_eda:20200820083220j:image

マンカラウボンが2輪揃って咲きました。優雅な花姿に癒されます。今日も暑いのでしょうか(^^;


f:id:nami_eda:20200820083709j:image

 

 

 

コウホネ開花

コウホネが咲きました。

厳しい熱さが続いていますが如何お過ごしですか?


f:id:nami_eda:20200814155702j:image

私は久しぶりに針仕事をしました。6月頃から左小指と右中指が痛くて針仕事をお休みしていたのですが、このところ右中指の痛みがマシになったのでチクチク再開です。


f:id:nami_eda:20200814161501j:image

3月に縫ったこの小さい人形のパンツにレースを付けてやります。

レースは縫い糸で編みました。雑っ(^^;


f:id:nami_eda:20200814161628j:image

レースをパンツに縫い付けて、ついでに古色に染めました。身長10㎝程のとても小さい人形です。その更に小さい頭部には寝かせると目を閉じる仕掛けが入っています。凄いですよね。戦前に瀬戸で作られた人形です。


f:id:nami_eda:20200814161813j:image

 

マンカラウボン開花

マンカラウボンの大きな花が咲きました。



f:id:nami_eda:20200729213923j:image

 

金魚は明治の終わりごろに瀬戸で焼かれた浮き玩具です。瀬戸ノベルティの原点と言われています。当時、ひと月に一万個売れたという大ヒット商品だったようです。100年経っても色褪せないのが陶磁器の魅力ですね(^^)