MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

ひさしぶりに花の絵を描きました 


1年余り前にスイレンを描いて以来の花の絵です。
先日、結婚記念日に連れから小さな花束を頂きまして(^^)。25年だから25本の薔薇かなあ、なんて甘い夢を見ておりましたが(笑)、台風にもっていかれました。あの風雨の中、忘れずに花を買ったというだけでも、さすがです。私はちょっと気張ってネクタイをプレゼントいたしました。それはおいといて。

絵を描いたあとは、まず子に見せます。殆どの場合、辛口のコメントを容赦なくくれます。なんともありがたいことです(^^;) 。

「久しぶりに描いてみたんだけど、どう?」と問うと「これは何絵?」との応え。

ふむふむ、これはなかなか新しいツッコミです。要するに、細密画でもないし植物画でもないし、水彩とも言いがたくアクリルでもない、色鉛筆画でもない、いったいどういうジャンルか?と問われているようなのです。水彩色鉛筆と筆と水で描いた花の絵ですが、テキはそんなことは百も承知で聞いているわけなので「うん、タダの花の絵でーす」と笑顔で答えるワタクシ(^^)

「ガーベラだってことはわかるよ。葉っぱはなし?」

これはつまり、花の種類がわかる程度には描けている。しかし、相変わらず葉っぱを描くのは下手なので省略したのね、と言外に言っているわけです。

ねっ、なかなか厳しいコメントでしょう?こんな花の絵でよければ他にも色々HPに載せてますのでどうぞご覧くださいませ(^^)。http://www003.upp.so-net.ne.jp/sukina-hana/gallery.htm