MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

アケビのつるでかごを編みました

古い一行日記によりますと、庭でアケビを見つけたのは2005年。つるバラの根元に鳥がお土産を置いていったのでした。生育旺盛なつるバラよりもさらに生育旺盛なアケビはつるバラに絡みつつ勢力を徐々に拡大していきました。このままではつるバラの景観を損ねると思い、私はバラに絡んだつるはこまめに切ってきました。そうしたところ、アケビはバラに絡むのをやめ、地面を這い出しました。地上をひっそりと管理人の私が知らぬ間にスルスル伸びていたのです。アケビにすれば、してやったり、かもしれませんが、あにはからんや、庭の管理人を喜ばせる結果となってしまいました。だってね、まったくゆがみやねじれがなくて藤芯のよう編みやすかったですもん(^^)。(節は発根の痕)