MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

インドアガーデン

http://www.amazon.com/gp/customer-media/product-gallery/1564585271/ref=cm_ciu_pdp_images_0?ie=UTF8&index=0
20年ほど前でしょうか。子どもとよく図書館に通っていた頃、この本がお気に入りでよく借りていました。(英語が読めないので見て楽しむだけ(^^))

実は、私は室内で観葉植物を育てるのが大の下手です。天井まで届くアレカヤシ、ベンジャミンなどの大物から、アジアンタム、ツデー、ディフェンバキア、スパシフィラム・・・振り返ると失敗ばかり(^^;)。今は、お風呂にドラセナを一鉢置いてあるだけで、それ以外には一切、室内に植物はありません。そんな私ですが、この度、一念発起して、室内で4鉢の観葉植物を育てることになりました。実生の「ヤツデ」「シュロチク」ダイソーの「クワズイモ」「ブラックビーン(ジャックと豆の木)」です。うまく育てれば、5年後には部屋がジャングルになるでしょう(笑)。

置き場は8月はじめにリフォームした部屋です。リフォーム後から始まった次女の体調不良は幸い回復しました。ホルムアルデヒドも0.05ppmで問題なし、とのこと。しかし、なんとなく「空気が違う」ために今も空き部屋のままです。次女が気持ちよく住めるように、部屋の空気を観葉植物できれいにしようというわけです。「部屋に鉢植えを置くからね」と言うと「土の中から虫が出そう・・」と言うので、「あなたの健康を守ってくれる力強い味方だよ」と言ったら「じゃ、名前つけて」と言うので、「やっちゃん」「しゅうちゃん」「イモ」「マメ」と命名しました(笑)。