MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

プラ舟ビオのトキワシノブ

湿気が心配だったのですが、トキワシノブは順調に育っています。ところがオニヤブソテツが・・・。自然に生えたツユクサにオンブバッタがとまっています。ペアと、それをじっと見つめるオスと。のどかに見えて実は野生の生き物はいつも命がけなのかもです。

このところ毎日、広報紙とにらめっこです。広報紙にはなぜか縁がありまして。まず、長女が小1の時にPTAの広報部で最初の広報紙作りを経験しました。当時はわら半紙にマス目が書いてあって・・字数を数えて、清書して・・とても大変な作業だったような記憶が・・。その翌年、ボランティア団体の広報紙創刊準備号を作成。公式ではなくて、公認という形で3号発行したところで出産育児のために離脱。その後、小規模作業所のHPを作成、さらにNPOのHPを作成。次女が小5の時に再びPTAの広報部に。この時はパソコン編集が可能になっており、時代の変化を感じました。その後、某団体の広報部に呼ばれてHPを作成、広報紙の編集委員を4年間。やっとお役御免になったと思ったら、現在所属する団体の広報紙担当です。そしてついに編集長です(笑)。ただし記者兼カメラマン兼イラストレーターでもあります。小さいカットも自前です。まあ、結局好きなんでしょうねぇ。縁があるってことは。