MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

旧暦弥生28日 夜に産卵する?メダカ

メダカが夜に産卵するなんて話は聞いたことがありません。科学的に説明がつかないのではないかと思うのですが・・・。昨夜10時ごろ夜回り中に、相当数のメスメダカが卵をたくさんお腹につけて泳いでいるのを観ました。それも産卵からそれほど時間がたっていないと思われる状態でお腹についていました。朝産んだ卵をずっと夜までもっていた、というわけではないと思います。昨日は夕方にアブラムシを与えたのでよく覚えているのです。排卵はホルモンの刺激によっておこり、ホルモンは光に依存するわけだから、外飼いメダカの排卵の時刻(午前2時らしい)は動かせない。排卵からまもなくオスの刺激で産卵するのが通常(朝4時ごろ)、それが18時間後に産卵と言うのは実におかしな話なのです。昨夜はずっとそれを考えていて眠れませんでした(^^;)。ひと晩考えて出した結論は、午前2時に排卵した卵を本来ならオスの交尾刺激を受けて朝4時ごろには産卵するはずが、オスの交尾行動を嫌がったメスは産卵をせず18時間後に卵は過熟卵となり自然に排出された(つまり未受精卵)のではないか、というものですが、如何でしょうか。ダメでしょうか?
昨夜「おかしいなあ。メダカが夜に卵を産むなんて・・・」と頭をひねっていたら、つれあいが「ネットで調べたら?」と。「いや、調べても出ないと思う、聞いたことがないもん」「じゃあ、新説として発表すれば?」というわけで新説ならぬ珍説を披露してみました。未受精卵かどうか今夜(も産卵していれば)採取してみようと思います。