MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

旧暦卯月4日 アオメダカの婚姻色

手前はアオメダカの居る鉢。浮いているのはアサザの葉です。底のほうにはアナカリスと、アオミドロがモヤモヤとなっている状態です。その奥の鉢はシロメダカと睡蓮。睡蓮には小さな蕾がついています。その奥はタナゴと睡蓮の鉢です。睡蓮鉢周辺には小さな鉢植えを置いています。ピンクの花はミヤコワスレです。その奥は実生の(たぶん)モッコク。縞模様の涼しげな草はトワダアシ。トワダアシは水鉢に植えてもいいけれど、普通の鉢植えでも楽しめます。


さて、今日のタイトル、青メダカの婚姻色についてです。クロメダカの婚姻色はよく知られていますが、白や青のメダカにもあるのかしら、と思って見てみると、シロメダカの成熟したオスは少し全体にピンク色に染まっているように見えます。メス1オス3の鉢では色の違いがはっきり確認できます。ほんのりピンクのメダカ3匹がメスを放置してずっと追いかけっこと打ち合いをしています(^^;)。また青メダカの成熟したオスは腹ビレが少し濃くなっています。そして、背中のラインも色を増し、縞模様がくっきりしてよく目立ちます。綺麗です。クロのオスが一番カッコイイと思っていましたが、青のオスもなかなか魅力的で惚れてしまいそうです。