MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

旧暦卯月5日 クロメダカの婚姻色



こうしてみるとやはりクロメダカがいいと思ってしまいます。気が多いですね。メダカの雌雄の区別は尻ビレを見るのが一番簡単なのですが「上からは尻ビレが見えない」とうちの長女が言っておりました。そうかもしれません。お答えします。尻ビレが見えないのはそれはたぶんメスです。オスの尻ビレは「それさあ泳ぐのに邪魔じゃないの?」と言いたくなるぐらい大きくひらりひらりとしています。よーく観て下さい。特に今の時期、成熟したクロメダカのオスは腹ビレが黒いですし、尻ビレも黒くなっていますので上からでもわかります。大丈夫!

君子蘭が満開です。去年は霜にあてて大失敗。今年はうまく冬越しをしました。黄色の君子蘭も葉が増えてきましたので、来年は咲くかもしれません。黄色の君子蘭が増えたら、実家の斑入り君子蘭と交換することになっているのです。3年後ぐらいには3鉢咲き揃ったところを披露できるといいなあ、と思っています。