MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

旧暦文月27日 トキワシノブの新芽がでてきました

実家の母がシノブにハマって、吊り鉢やコケ玉を増やしています。先日、実家を訪れた際も、苔玉や吊りシノブを自慢げに見せられました(笑)。前から好きだったのですが、宝塚でシノブの栽培をされている方(たぶんこちらの方ではないかと・・http://www5e.biglobe.ne.jp/~sinobuen/)をTVで見てから、さらに熱が入ったようで・・・。南部鉄の風鈴を下げた吊りシノブはいいですね。ひとつあれば暑さも忘れそう。私もトキワシノブで作ってみようかしらん。その前に、明珍火箸のいいのが欲しいなあ・・・。涼しくなったら姫路は野里の街歩きなんていいでしょうね。

こちらメダカ鉢の側の鉢植えトキワシノブ、銀白色の根茎が鉢からはみ出し、鉢を抱え込んでしまっています(^^;)。


こちらは我が家最大の吊りシノブ(http://d.hatena.ne.jp/nami_eda/20101004)を下から見上げたところです。