MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

旧暦如月廿一日 そば屋完成


次女の「そば屋」が完成しました。完成後、次女が「『手打うどん』っていう(暖簾の)シールが一枚余ったけど、なんで?」と聞くので「関西は『そば屋』よりも『うどん屋』のほうが馴染みがあるから、別に『そば屋』じゃなくても『うどん屋』でもいいんだよ、ってことじゃない?」とテキトウなことを言ってしまいました(^^;)。間違っていたらゴメン。ただ、私が子どもの頃は蕎麦を食べた記憶がほとんどなく、「年越しそば」も「年越しうどん」でした。細く長くではなく、図太く長く達者で暮らせるように、と(笑)。母の具沢山の鍋焼きうどん。美味しかったなあ。


右は私の『金魚屋』の一部。道端のゴミ箱です。よく見ると塗り残しが・・・(^^;)。細かい作業、実は苦手なのです。すぐに集中力が切れて「ああっ、もうメンドクサイから適当でいいや」となってしまうのです。