MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

文月 一日 アサザの種子

今日から文月。そして猛暑の立秋です(^^;)。
アサザに実が成り、翌日にはタネが水面に浮いていました。2005年の6月からアサザを育てていますが、タネができたのはこれまで数えるほどです。野生ではタネは水の流れに乗って移動し、流れ着いた湿地(水中では発芽できない)で発芽して生息地を拡大していきます。しかし、湿地の減少などによりアサザの生息地は減少、消滅し、ついに絶滅危惧種に指定されました(現在は準絶滅危惧種)。最大の群生地、霞ヶ浦ではアサザ保全運動が行われています。