MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

卯月廿二日 メダカブームが来ているようです

ちちんぷいぷい」(関西の夕方のTV番組)を見ていたら、10年くらい前からメダカブームが来ている、とのこと。たしかに最近、我が家のメダカ鉢を見て「うちもメダカを飼っているのよ〜」とおっしゃる方が増えました。今日来られた宗教の冊子を配布されているお二方も家でメダカを飼っているとか。すぐに水が青くなってしまうと言うので、水質の安定のために少し赤玉土をいれて抽水植物を入れるといいですよとアドバイスして、セキショウスイレンガガブタの小苗を差し上げました。先日のAさんのメダカの里親探しの話といい、たしかに、メダカブームが身近にやって来ていると感じます。


さて、我が家の睡蓮は沈黙したままですが、アナカリスとポンテデリアが咲いています。昔はほとんどの鉢にアナカリスを入れていたのですが、今はマツモを増やしたので、アナカリスはこの鉢(特大甕)だけです。マツモは葉が美しい、アナカリスは花が美しいですね。アナカリス要注意外来生物なので、増え過ぎて処分する場合は生ゴミで出します。マツモは在来種ですが、遺伝子汚染を防ぐためこちらも野外に出さないように注意が必要です。


↓マツモと稚魚2匹のアクアリウム(水量400ml)です。長期飼育には向かない環境なので1週間くらいで外の睡蓮鉢に戻してやります。