MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

卯月廿九日 ハス開花

ハスの花が咲きました(^^)。


2009年 発芽→植え付け→浮葉が出る→立葉が出る→葉が枯れる 
2010年 浮葉が出る→立葉が出る→葉が枯れる 
2011年 浮葉が出る→立葉が出る→葉が枯れる 
2012年 株分け植えつけ(鉢替え)→浮葉が出る→立葉が出る→葉が枯れる 
2013年 株分け植えつけ→浮葉が出る→立葉が出る→葉が枯れる 
2014年 株分け植えつけ→浮葉が出る→立葉が出る→花芽が出る→花芽枯れる→葉が枯れる 
2015年 株分け植えつけ(鉢替え・置き場変更)→浮葉が出る→立葉が出る→花芽が出る→開花(^^) 


ハスは大きい鉢がよい、ということで、2012年に我が家で一番大きい睡蓮鉢をハス専用にしました。日当たりは悪かったのですが、大きい鉢を置ける場所はそこしかなくて(^^;)。
昨年、花芽が出たのに枯れてしまったので、やはり日当たりをなんとしなければと思い、半年間、日当たりを観察して、我が家で最も日当たりが良い場所を見つけだしました。それが真北の隅の座布団一枚分ほどのスペースで、朝から夕方までずっと日が当たる唯一の場所です。玄関前になるので、出入りの邪魔にならないないように小さい鉢(樽型プランター)を置いて蓮根を植え付けました。日当たりは確保されましたが、本来の大賀蓮の花を見るには、土の量も水の量も圧倒的に少ないということで、来年は、鉢を替えます。この場所にハス専用のハス鉢を置くことにしました(^^)。持ち運びしやすいようにプラ製で、深さのある蓮鉢を購入しました。「もう睡蓮鉢は買いません。」と約束したけれど蓮鉢を買わないとは約束してないものね(笑)。