MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

水無月十日 蜂のアパート

http://d.hatena.ne.jp/nami_eda/20150703
巣に穴が開いています。成虫になった蜂が出て行ったようです。

「ドロバチのアオムシがり 著 岩田久二雄」によりますと、母蜂は、竹筒の奥から出入り口へ順に卵を産んでいきますが、不思議なことに後から産み落とされた卵が先に大人になって外に出て行きます。また、先に大人になる蜂はオスで、後から大人になる蜂はメスだそうです。もしかしたら、この穴の一番奥にはまだサナギのメスがいるかもしれません。


オンブバッタが少し大きくなりました。これから益々食欲が旺盛になって、睡蓮の葉をボロボロにすることでしょう。今も十分ボロボロですが(^^;)


睡蓮の葉を食べるのはバッタだけではありません。わずか1㎝余りのこの幼虫、しっかりシッポ(尾角)を立てています。スズメガの幼虫かと思われます。睡蓮が大好きなスズメガ、といえばビロードスズメ、ヘビ顔のあいつです(笑)。睡蓮の葉の裏に居ましたが、足を踏み外して水面に落ちたらメダカの餌になっちゃいますね。まあ、脚が16本もあれば踏み外すことなんてないと思うけれど・・。