MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

弥生朔日 植物の不思議

雨がよく降ります。草木が弥生い季節になりました。


メダカ鉢の掃除が続いています。写真の5鉢は完了。1、2、3は元の場所に。4は日当たりが悪く、メダカが育たないので4’の位置に。5にあった中国鉢は玄関ポーチに移動しました。水を抜いてカラにしても鉢の重量が半端なく重くて、移動に半日かかりました(^^;)。


その中国鉢にはヤゴがいるので、羽化の足場になるようにと、剪定したマユミの枝を挿してありました。
ちょうど四股の枝があったのでそれを足にすれば自立すると考えて長さを切り揃え、逆さまに挿してあります。


鉢の移動にあたり、水を抜こうとよく見たら、枝から新芽が出ていました。何か所も。えっ??

枝が逆さまでなければ、水挿しと同じ理屈なので納得できますが、逆さまなのに・・・関係ないのかな?上下関係なく水を吸うの?そして根は出るのでしょうか?出るとすればどこから?こちらの回答では上下逆さまではうまくいかないということですが・・どうなることやら。見守りたいと思います。
http://homepage1.nifty.com/tadahiko/GIMON/QA/QA772.HTML