MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

卯月十七日 カマキリが孵化していました

ノブドウのアーチに産み付けられていたカマキリの卵(http://d.hatena.ne.jp/nami_eda/20151013)が孵化していました。ノブドウの葉の裏に表に、小さいカマキリがたくさんいます。手足がしっかりして体色が茶色くなるまで数日間はここで一緒に生まれたなかまと過ごし、その後は分かれてそれぞれ生きて行くことになります。


卵のうから生まれた幼虫は1匹1匹薄い袋で包まれており(前幼虫)、生まれてすぐに最初の脱皮を行います。写真のふわふわと風に揺れているものはその脱皮殻です。



どうにか前幼虫の姿を見たいものです。卵のうはあと2つあるので頑張ります(^^)。