MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

アオスジアゲハが産卵にやってきました

鉢植えのクスノキにアオスジアゲハが産卵に来ていました。アオスジアゲハはクスノキの赤い新芽(とてもやわらかい)に産卵しますが、うちのクスノキはもう新芽が緑色になってかたくなっているので産卵に適した状態ではありません。どうにか赤い新芽を見つけて産卵していましたが・・・。もっとたくさん卵を産み付けられるように、枝を切り戻してこれから新芽を出させてやります。

プラ舟周辺のゲンペイコギクが開花しています。ルドベキアの勢いもさらに増して、花壇のフジバカマも伸びて、プラ舟が緑に覆われつつあります。プラ舟ビオで課題となるのがプラ舟の味気無さを隠す「囲い」をどうするかです。レンガ、木枠、すだれ、連杭など皆さん工夫されています。うちのように何もしないで草ぼうぼうにするというのもアリかと。手抜きという技です(笑)。