MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

ハチのアパート

近くの水田が草地になってうちの庭でもバッタの種類が増えました、と昨日書きました。今日はそのバッタを餌とする蜂の巣作り中の画像です。コクロアナバチと思われます。去年は蜂アパートの住人はドロバチだけでしたのに、今年はドロバチよりもコクロアナバチのほうが多いです(コクロアナバチ4室、ドロバチ2室、空室2室。)小さい田んぼ一枚の耕作放棄によって動植物のバランスがこんなに目に見えて変わるものなのだなあ、ととても驚いています。今後、空き室がどうなるのかも楽しみです。


7時間後、夕方にやっと巣作りが終わりました。お疲れ様でした。