MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

フジバカマを接写

フジバカマにハマっています。花が終わって茶色く枯れたようになってからの大変身、ふわふわ綿毛がとても可愛い!いままでどうして気付かなかったのか不思議なくらいです。


f:id:nami_eda:20181118142215j:image

 

この綿毛どうなっているのか知りたくて分解してみました(笑)。フジバカマは薄紫色の頭状花序の花をたくさん付けます。頭花1つは5個ほどの筒状花からなり舌状花はありません。

(1)下のpicは開花中のフジバカマの頭花です。一つの頭花のなかに小さな筒状花が見えます。筒状花からビローーンと伸びているのは2つに割れた雌しべです。赤紫の部分は総苞です。

f:id:nami_eda:20181118144415j:image

(2)頭花を分解してみました。筒状花が5つあります。筒状花の赤紫のガクの部分に注目してみます。
f:id:nami_eda:20181118152857j:image
(3)ガクの部分が薄紫の糸状です。なるほど!これが綿毛になるんですね!

f:id:nami_eda:20181118155024j:image

(4)咲き終わった頭花をみてみます。筒状花は茶色く枯れ、雌しべも萎れて茶色くなっています。

f:id:nami_eda:20181118160035j:image

(5)総苞が開き始めました。糸状のガクが開き、中から総苞を押し開いているように見えます。

f:id:nami_eda:20181118163150j:image
(6)開き切った状態です。薄紫の綿毛が綺麗です(^^)
f:id:nami_eda:20181118161047j:image

(7)分解してみます。綿毛の下の部分に実(種)ができるはずなのですが・・・??(フジバカマは稀にしか結実しないそうです)綿毛が風で飛ばされると総苞だけが残ります。f:id:nami_eda:20181118165124j:image

(8)(6)が集まると、こんなに綺麗!

f:id:nami_eda:20181118164049j:image

(9)そして(8)がたくさん集まると、ふわふわもこもこに(^^)f:id:nami_eda:20181118164647j:image

終わり(^.^)