MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

ツマグロヒョウモンの幼虫

ツマグロヒョウモンの食草はスミレですが、街中ではパンジービオラを餌にして育ちます。ところがこの時期、花壇には夏の花が植えられていて、パンジービオラはどこにもありません。ですからわずかに残っているうちのパンジーを目指してに毎日何頭も産卵にやってくるわけです。それをいちいち保護していたらキリがありませんので、10頭ほど保護しています。不足する餌はお隣のパンジーを分けてもらえることになりました。毛虫のように見えますが、刺さないし、ちくちくもしません。飼育ケースに入れると糞の片づけや餌の交換やなどの際に移動させないといけないので指でつまんでいます(^^;)。