MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

着せ付け手活人形

瀬戸の“着せ付け手活人形(ペア)”を入手しました。1920~1930年頃に瀬戸で作られた人形です。服は当時のままのようです。素材は綿のネルのような感じ。13㎝足らずの小さなお人形です。服を脱がせてメラミンスポンジで汚れを落とすと、輝くような真っ白な肌があらわれました。


f:id:nami_eda:20190225201045j:image

帽子は糊で接着されており、無理やり剥がしたら帽子が破れてしまいました(^-^; 剥がした跡はルーターで綺麗に削り取りました。


f:id:nami_eda:20190225201438j:image

自立するはずですが、男の子の方は足先が上向いていて自立しないのでホットボンドで調整して立つようにしました。


f:id:nami_eda:20190225202957j:image

服は裁ち切りの部分にボタンホールステッチでほつれ止めをしました。

赤いワンピースの襟元のレースがボロボロだったので新しくレース編みを作って取り付けました。

男の子の帽子が一部裂けていたので補修しました。

綺麗になった人形(右側の写真)は大事に箱にしまって保管しておくつもりですが、せっかくなのでおひな祭りまでは飾っておこうかなと思います。

f:id:nami_eda:20190225203218j:image