MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

いくら期待されてももうサンタさんは来ないわよ(笑)。聖夜。

イメージ 1

サンタさんを信じている人のところには必ずサンタさんが来る、というのが我が家のルール。昨年、次女(中学生)が「サンタさんって本当は・・・なんやろ?」と直球を投げてきた。「友達がそう言ってる、サンタさんの話をしたら笑われたもん」と言う。テキトウにかわしていたのだが、あまりにもしつこく問うので、面倒になり「そうや!本当は・・・や」と言ってしまったのだ・・・。というわけで、我が家にはもうサンタさんは来ない。薄々変だと思いながらも「決定的な証拠がない」と大学2年生まで信じていた長女は得したなあ(笑)。

サンタさんが来なくても、プレゼント交換はするので、各々欲しいものはもらったはず・・・。私は連れから鉢花、長女からは猫ちゃんの鉢カバーと鉢花、次女からは薔薇のレターセットをもらった。大満足~(^^)。

家族全員揃って食卓につくのは実に何ヶ月ぶり、というほどバラバラに日々を過ごしている我が家・・・聖夜のはじまりは、緊張からか(笑)静夜だった。乾杯すると、まずは私がへらへらと笑い出す(笑い上戸なのだ)。常に冷戦沈着な連れも飲むと饒舌に。そしてプレゼント交換が始まると弥が上にも盛り上がり、盛夜に。

翌日も多忙な2人の生活時間に合わせ、片付けもそこそこに各々床に就く。みんなからもらったカードは自分の部屋で開ける。そこには、忙しくて、すれ違いで、別々に暮らしていて、なかなか伝えられない日々の思いがあなたはわたし?と思うぐらい同じ言葉で綴られ、来年の豊富、将来の夢が描かれている。心の中で、家族の健康と幸せを願って、やっと聖夜らしく。

Merry Christmas! <皆様