MY GARDENING LIFE 一行日記+

住宅街の小さな庭で野生の生き物と親しむホームビオトープを手作りしています

よりによってこの寒い日に・・・寒肥。トキワシノブは元気だ。

イメージ 1

朝から時折、みぞれが降って寒い一日だった。雪のところも多いだろうなあ。日本各地のメダカさんたち如何お過ごし?

防寒していない水瓶の斑メダカを覘いてみたら、すっかりやせ細って、こんなので冬が越せるかしらん、と毎年のことながら心配になる。ちびダルマたちは尚更。

ほったらかしの手抜き園芸でも、お礼肥えと寒肥だけは欠かすとマズイと思っているので、寒肥を施す。よりによってこの寒いに日にせんでも・・・。今日はコタツムリが多い。冷えた足を押し付けて嫌がらせ、蹴っ飛ばされた(笑)。いいもん、足湯するもんね。足湯+ココアでポカポカに。天国じゃ~。

斑メダカの水鉢の上で、寒さなんか平気だよ、ってな顔して茂っているのはトキワシノブ。全部で4鉢ある中で一番元気がいい。鉢からはみ出した根茎は銀白色の毛に覆われていて、これが伸びて石や鉢に絡むさまが動物的でいいんだよねぇ。